日本は『和』を大切にする国だった!無責任な民主党政権 責任逃れ ⇒統制力ゼロの売国政権!公約は完全に破られた

2009年11月18日

統制力ゼロの売国政権!公約は完全に破られた

中国漁船・尖閣領海内接触:ビデオ流出 海保職員取り調べ(その2止) 擁護と批判(毎日JPより)

 ◇国民は擁護と批判 「刑事責任やりすぎ」「処罰は当然」 政府への不満、共通
 神戸海上保安部の保安官(43)が「自分が映像を流出させた」と打ち明けたことについて、どう考えるか。各地で聞いた。

 札幌市西区の製造業、石島しのぶさん(73)は「事実が一目で分かる映像で、秘密にする必要はなかった。国民が求めていたことを代表してやってくれ、拍手喝采(かっさい)だ」と評価。広島市南区の古書店経営、石踊一則さん(63)も「政府の弱腰姿勢に奮起したのではないか。重い処分が下るだろうが、かわいそう」と同情した。

 刑事責任の追及について、大阪市福島区の会社員、浅田麻希子さん(35)は「国民のためを思ってやったと感じられ、刑事責任を問うのはやりすぎ」。東京都豊島区の会社員、山田勝彦さん(30)も「中国人船長が釈放されたのだから、(保安官が)有罪になるのはおかしい」と語った。

 尖閣諸島がある沖縄県石垣市。無職、都倉裕一郎さん(60)は映像流出を「国民の利益にかなっている」と評価し、「罪を問うのは反対」とかばった。無職の上地加代子さん(65)も「勇気とポリシーを持った人だと思う。厳罰は望まない」と話した。

 擁護論の一方で、保安官への厳しい批判も聞かれた。

 千葉県成田市の無職、横田典幸さん(56)は「気持ちは分かるが、公務員が勝手にあんなことをしては組織の統制が欠けてしまう。中国への強気な意見ばかりが通るような現状は、日本が過去に歩んだ戦争の道と似ている」と危惧(きぐ)した。

 青森県八戸市の主婦、本吉喜勢子さん(74)は「外交にかかわることを一個人で判断すべきでなく、刑事責任も仕方ない」。和歌山市の会社員、塩路大地さん(26)も「守るべき機密情報を流出するなど公務員としてあってはならない。どんな理由であれ、賛成しかねる。逮捕は当然と思う」と手厳しい。

 高松市の会社役員、合田一志さん(54)は「処罰は当然。映像の流出も将来の国益を考えれば、よかったかどうか疑問。中国に対する国民感情を悪化させるだけでは外交は成り立たない」と語気を強めた。

 擁護派と批判派の双方から聞かれたのは政府への不満だ。

 札幌市西区の会社員、横山珠美さん(32)は「こういう状況を作ったのは国。国民が望むことを公開しないと判断したのなら、国はきちんと説明しないといけない。説明がなさ過ぎる」と説明不足を批判した。

 愛知県東浦町の主婦、市野愛美さん(34)は「犯人を捜すこと自体、良い気分がしない。逮捕しても尖閣問題が解決するわけではない。本来は国がもっと早く映像を公開すべきで、政府の対応は最悪だと思う」と憤った。

 東京都調布市の会社員、西田ゆいさん(29)は「最初から政府が公開していればこんな問題は起きなかった。最近は機密情報の漏えいが相次いでいるので、情報の保全を徹底する新たな仕組みが必要と思う」と話した。


【無責任な民主党政権 責任逃れの最新記事】
posted by ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム SGK38 at 12:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | 無責任な民主党政権 責任逃れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
看護師 求人 千葉 ナース
Posted by 看護師 求人 千葉 ナース at 2010年03月24日 16:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
青山先生のブログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。